見つけ出したい自分にぴったりのお仕事を、まずは成功への第一歩を

紹介サイト1

医師アルバイトとして働く時には常勤医師のように厳しく審査が行われることは少ないみたいです。

大学病院や有名病院の常勤医師の場合ならかなり厳格に採用審査が行われることもあります。しかし、個人病院の医師非常勤、医師アルバイトの場合であれば、書類選考と簡単な面接だけで採用されることもあります。

中には 医師アルバイトであっても、高度な能力が必要とされる事もあります。その場合は経験や資格などが必要になる事もあります。または、研修や勉強会などがある場合もあります。

事前に経験や技術が必要と分かれば、しっかりと勉強しておきたいですね。

医師アルバイトの内容について

病院の先生と一口に行っても実は様々な働き方の形態があります。専門医としていたり、厚生労働省で働いている少し特殊な方もいますが、大きく分けるのと種類の働き方があります。

①自分で病院を経営している開業医②大学病院やクリニックに努めている勤務医です。勤務医と呼ばれる働き方にも月から金と同じ病院で、同じ時間帯に働いている常勤医と、診察を行う病院が日ごとに異なっており、働く時間も異なっている人や(この曜日にしかいないといった状態)、学校や職場に健康診断などできてくれる非常勤医と呼ばれる人です。非常勤医がいわゆる医師アルバイトにあたります。

勤務医が医師アルバイトをする理由

勤務医の人はなぜ通常の勤務の他にも医師アルバイトをするのでしょうか。大きな理由の一つはやはり給料です。外科バイトと呼ばれるものは朝から夕方の通常勤務と同じ時間働くタイプですが時給が1万円から高い所であれば1.5万円という所があります。

週1回のバイトでも10^30万円稼ぐことができます。二つ目は様々な病院で、沢山の患者さんと触れ合うことによって自分のスキルアップにもつながるということです。今まで接したことのない人を診察することで自分の勉強にもなります。また他の先生ともコミュニケーションをはかることができるので人脈も広げることができます。

医師アルバイトの現状とは

世間でゴールドライセンスと呼ばれている職業をご存知でしょうか。それは、会計士や弁護士などの凄腕の資格のことを言います。ゴールドライセンスの中でも、特にハイレベルな資格が医師免許です。

医師が特別な技能を持つ職業である事は周知の事実ですが、病院や配属先などによって、環境や求められる技術も変わってきます。医師の仕事は常勤のイメージが強いですが、実は非常勤の医師アルバイトの求人も数多く存在しています。アルバイトと言っても、一般的なアルバイトとはもちろん異なり、平均的には一万円と言われています。場合によっては、常勤の医師よりも割高な給与を受け取る事が可能だと言われています。

医師アルバイトは他にどんな仕事をしているか

医師アルバイトとして働いている人達は基本的にはバイトをしていない日は勤務医として、決まられた病院で働いていることが多いです。多くの病院では勤務医として雇っていますが、週に1回であればアルバイトを認めるとしている所が多く、決められた曜日だけ他の病院へ診察に行くというスタンスを採っている人が多数です。

他の仕事がNGである場合が多い民間企業からすると考えにくいスタンスですが、より困っている患者さんを助けたいという使命を持っており病院ならではの働き方です。勤務医としての働き方は捨て、医師アルバイトのみをおこなっているような人も最近では急増しています。